ステイン塗装入門!DIY初心者が知っておくべきステイン塗装

DIYで人気の2×4材などで棚や家具を作られる方が増えていますが、無塗装で完成!という方は少ないのではないでしょうか!きっと何かしらの塗料を塗って仕上げているかと思いますが、ステインという木部用着色剤で塗装すれば、簡単に塗れますし、DIY作品がとても素敵に仕上がります。ぜひステインのことを知って木材塗装で使ってみてください。

DIYで人気のステイン塗料の特徴を知る

ステイン塗料とは

塗料におけるステインとは、塗装する木材の表面に塗膜を作らず浸透して色をつける着色剤のことで、塗料の粘度は低粘度で水のような液体のため木材に良く浸透します。

ステインには染料系と顔料系があり、染料系の特徴としては、浸透性・透明性・鮮明性に優れていますが、耐候性やにじみ性には劣ります。顔料系の特徴としては、耐候性・にじみ性には優れていますが、浸透性・透明性・鮮明性には劣ります。


通常のステインは、単なる着色剤で保護効果がありません。そのままでは擦れると色が落ちたり、退色しやすいという欠点があります。よって、ニスやワックスなどの上塗りを塗って仕上げる場合が普通です。上塗り用のニスには、艶有・半艶消し・艶消しなど、ツヤの光沢を選べますので、どんな仕上げにしたいかで艶レベルを選ぶようにしましょう。


また、WPステイン(Wood Preservatives Stain)と呼ばれる木材保護塗料は、防虫・防腐・防カビ機能などを付与してあるため、ウッドデッキや屋外木製品など長期耐候性が必要な木材に最適なステインとして知られています。

いわゆるペンキと呼ばれている塗膜タイプの塗料は、素地の表面に色のついた不透明な膜を作り木目を消してしまいますので、木目を活かしたい場合は、塗膜ペンキではなくステインやニスを塗りましょう。

ステインは木材の表面に塗膜を作らず素地に浸透しますので、木目を塗りつぶすことがありません。また、表面に残った余分な塗料を拭き取ることで色ムラや塗りムラの発生も防ぐことができます。

 

水性ステインと油性ステインの違い

水性ステインの特徴
水性ステインとは、簡単に言うと水で希釈できるステインのこと。油性ステインと比べると艶感が多少劣りますが、何より臭いが少なく取り扱いが容易です。用具類も水で洗えますので後始末が簡単に済みます。

油性ステインの特徴
油性ステインとは、オイルステインとも呼ばれ、シンナーなどの溶剤が含まれているステインのこと。水性ステインよりは艶感があります。オイルやシンナー臭がありますので、必ず窓を開けるなど換気をよくするなど気を付ける必要があります。また、溶剤が含まれていますので火気厳禁です。くわえタバコで扱わないよう注意しましょう。

 左が水性ステイン、右が油性ステイン

水性ステインも油性ステインも仕上がり感には大差がないので好みに応じて選ぶと良いでしょう。但し、水性ステインには上塗りしなければならないタイプが多いので、ステイン塗装後にニスやワックスなどの上塗りをして保護しましょう。

ステイン塗料の塗り方

刷毛やコテバケで塗る方法
刷毛で塗る方法です。ステインは通常のペンキよりはたっぷりと塗るようにしますが、木材に吸い込まず表面に残った余分な塗料は乾く前に拭き取らないとムラやベタツキの原因になりますので、必ず乾燥前に拭き取るようにしましょう。

ウエスで塗る方法
ステインは、ウエスなどで擦り込むように塗装することもできます。広い面などに塗り場合はウエス塗りが向いています。但し、塗料がウエスに吸い込む分、塗料を多少多く消費してしまいます。手が汚れますのでビニール手袋やゴム手袋を着用しましょう。 

ステイン塗装で注意すべき点とは

ステイン塗料と塗膜ペンキの違いを知る

塗膜タイプのペンキは、木の表面に膜をつくることで木材を保護するため、木の内部にそれほど浸透しません。よって塗装後に直ぐ拭き取れば塗ったペンキをある程度取り除くことができます。

しかし、ステインは木の内部により染み込んでしまうため、ステインを完全に取り除くことができません。間違って塗ってしまったステインは簡単には落せないということを覚えておきましょう。


尚、どうしてもステインを落したい場合は剥離剤を使用しますが、通常の剥離剤は塗膜タイプの水性ペンキや油性ペンキ、ラッカー塗料のみ落とせるタイプですのでステインは落せません。ステイン専用の剥離剤としては、ミヤキのステイントルという商品があります。

 

メンテナンスも考えて選ぶ・塗る

塗膜タイプのペンキは素地を隠ぺいするため、大抵の色において下地の色を隠すことができます。しかし、ステインは素地を隠ぺいしないため、先に塗ってある色を完全に隠すことができません。つまり、濃い色が塗ってある場合は、その上に明るい(薄い)色を塗っても色を明るく(薄く)することができないということです。初めに濃い色を塗ると後から薄くすることが難しいということを覚えておきましょう。
また、ステインを塗り重ねていくと、徐々に濃くなってしまいます。最初に塗った色に近づけたい場合は、やはり剥離剤で落とすか前に塗ったステインの色がほとんど残っていない状態で再塗装するしかありません。

後始末の方法で注意すべきこと

オイルステインをはじめとした酸化重合型の油性系塗料は、塗料の付着したウエスや、塗料カス、スプレーダスト等が自然発火する恐れがあります。よって、これらは廃棄するまで必ず水につけておくなどの注意が必要です。

ステイン塗装は下地処理で仕上がりが大きく変わる

木材塗装で起こる問題とは

木材は素地の傷やムラ、逆目などがある
木材は、樹種により硬さが異なり、針葉樹は広葉樹よりも柔らかいため傷が付き易いといえます。また、製材の段階で割れや逆目によるささくれが発生したりします。

傷やささくれ箇所は、そのまま塗装すると塗料を吸い込み過ぎてムラの原因となってしまいますので、事前にサンドペーパーによる研摩で素地を平滑に整えておきましょう。

木材は塗料の水分を含むと木の繊維が毛羽立つ
塗料を木材にそのまま塗ると、塗料の水分により木材の表面が毛羽立ってしまいます。毛羽立ちを防ぐ方法としては、塗装前に毛羽立たせ研摩して取ってしまう方法があります。霧吹きや濡れタオルで木材に水分を含ませ、事前に毛羽立たたせ、#180位のサンドペーパーで研摩します。その後に塗装しますが、塗装後には再度#240~#320位のサンドペーパーで研摩すると綺麗に仕上がります。

下地処理が仕上がりの良否を左右する

ヤニや節の処理方法
ヤニがでている木材は、エタノールなどのアルコール溶剤で拭き取り、セラックニスで下塗りします。ヤニは特に節の部分からでる場合が多いので節の部分もセラックニスで下塗りしておきましょう、但し、ヤニを完全に封じ込めるのは難しいようですので、塗装後もヤニが出るようでしたら、その都度拭き取り、ペーパー掛け、補修塗りを行います。
死節や欠けなどがある場合は、事前にパテ処理などで補修してからセラックニスを下塗りしておきます。

サンドペーパーによる研摩方法
安価な木材は、傷、ささくれ、毛羽立ちなどが多いため、塗装前には必ずペーパー掛けによる研摩を行いましょう。さっとペーパー掛けするだけで、だいぶ塗装ムラを防げます。
サンドペーパーは#240又は#320を使用します。1回目の塗装後に毛羽立ちがあるようでしたら、#400以上のサンドペーパーで研摩してから2回目の塗装をすれば仕上がりが大変良くなります。

吸い込み止め、ムラ防止
サンドペーパー後に木部用シーラーを下塗りすることで、吸い込みムラを防ぐことができます。2×4材など安価な木材ならそこまでする必要はないかもしれませんが、高級な木材や家具、テーブルトップなどの場合は下塗りしてみてはいかがでしょうか。

ステイン塗料がおススメな理由

木材はステイン塗装がおススメな理由とは

ステインは、塗りムラになりにくい
ステインは木材に浸透しますので塗装後に余分な塗料を直ぐに拭き取ればムラになりにくく、初心者にはおススメな塗料といえます。但し、乾燥前に拭きとらないと逆にムラになることがありますので注意が必要です。

誰でも簡単に塗装できる。
ステインは、塗料の塗布量を拭き取ることで調整できるため、塗膜タイプのペンキより比較的簡単に塗装できる塗料といえます。また、木目を隠ぺいしないため木目の綺麗な木材に仕上げることも可能です。ダメージ加工を施せば誰でも簡単にアンティーク風にも仕上げることができます。

メンテナンスが容易
塗膜タイプのペンキは、旧塗膜の状態によっては全面剥がさないと塗り替えられない場合がありますが、ステインは木の表面に塗膜を作っていないため、簡単なペーパー掛けのみで、そのまま塗り替えられるため塗膜ペンキよりメンテナンスが容易といえます。

ステインの塗装事例

イケアの椅子にオイルステイン塗装

スノコで作った棚に水性ステイン塗装

1×4材で作った長机にブライワックス塗装

おすすめのステイン塗料はコレ!

安全性が高く子供やペットにも安心なステイン

安全性が高く色数も多い「バトン」
バトンは、退色・変色に強い耐候性のステインで、シックハウス対策F☆☆☆☆認定の木部用浸透型着色ステイン塗料。小さなお子様が直接触れる玩具や家具にも安心して使用できる「食品衛生法等規格基準適合」商品です。もちろん「建築基準法」「改訂学校環境衛生基準」にも適合し、学校や各種公共施設の建具にも安心してお使い頂ける商品です。さらに上塗りしなくても色落ちしにくいステインで仕上げも楽ちんです。

DIYサイズの低臭自然系オイルステイン!

色数も多く、100mlと300mlタイプは30色と色数も豊富で、DIYから本格的な家具塗装まで対応できます。
しかも屋内だけでなく屋外でも使用できる耐候性があるため、ペットや小さなお子様が遊ぶウッドデッキや木製ベンチの塗装にもおススメです。

水性+天然植物油脂の組み合わせ「水性バトン」
水性バトンは、水性と天然植物油脂の組み合わせで、水性の良さと油性の良さを併せ持ったハイブリッドタイプの自然系水性木部用浸透型着色ステイン塗料です。
天然ヒバ油を配合した安全な植物油脂系着色剤で、乾燥塗膜は「食品安全衛生法」に適合する安全性があります。臭いが気になる方は、バトンではなく水性バトンがおススメです。

臭いが気になる方はこちらがおススメ!

ウッドデッキやガーデンデッキに最適な防虫防腐ステイン

プロの職人が使う「ノンロット205N」
ウッドデッキやログハウスといった防虫・防腐・防カビ機能が必要な木材への塗装では、ステインでもWPステインと呼ばれる木材保護塗料が最適です。
中でもノンロット205Nは、塗装職人も認めた優れた逸品で、クリヤーIIやクリヤーナチュラルといった透明系の色があるのが大きな特長で、耐候性や撥水性、安全性に優れた定番の人気商品となっています。

ウッドデッキなど屋外木部に最適!

色合いが綺麗な「ステンプルーフ」
ナチュラルな色の綺麗さではステンプルーフが一番ではないでしょうか。色名も素敵で、パイン・ブラウン、ウォールナット・ブラウンが人気色です。もちろん撥水性・安全性も優れていますので安心してお使いいただけます。大手ハウスメーカーでも採用されていた実績のある商品です。

撥水性ならこの商品がおススメ!

実績No1の「キシラデコール」
塗装職人で知らない人がいないくらい有名な木部保護塗料です。日本での実績はナンバーワンでしょう。多少臭いがきついのですが、発色と隠蔽性に優れた商品です。

知名度で選ぶならコレ!

ステインの特徴を知って正しく使えば失敗しにくい塗料がステインです。
ステインには種類も色々ありますので、用途や目的に合わせて最適なタイプを選んでみてください。