DIYで人気のSPF材に合うおすすめペンキ!


ホームセンターではSPFと言われるDIYに便利な安価で扱い易い木材が売られています。このSPF材でDIYした作品に塗るのにおすすめな塗料をご紹介します。

2×4材(SPF材)に塗れる塗料!

塗膜ペンキ

木目を塗りつぶしたいなら不透明塗膜で木目を隠ぺいできるエナメル塗料を使用します。
DIYで人気のミルクペイントやヌーロなどがあります。水性・油性どちらでもOKですので好みに応じて選んでみてください。

ペンキの重ね塗りや汚し加工などでアンティーク風の仕上がり感を出したり、ペンキならではのパステル調やカラフルな色を楽しむことができます。

ステイン

木目を活かしたいなら木材に浸透し着色するステインを使用します。木目を塗りつぶさずに着色できるので木目を活かした仕上がりとなります。臭いが気になる方は水性ステインを、木との相性重視なら油性ステインがおススメです。


薄い色のナチュラルな塗装仕上げから濃い色の高級木材の風合いまで、ステインならではの仕上がり感を得ることができます。

ニス

透明な光沢仕上げにしたいならニスを使用します。また、通常のステインは耐候性がないため上塗りが必要です。ニスはステインの上塗りとしても使用できます。ラッカー、ウレタンニス、フタル酸ワニス、油ワニスなど様々な種類がありますが、DIYでは主にウレタンニスが多く使用されています。


色付きニスもありますが、一回塗りが基本のためムラなどが発生すると修正できないことも多いため、初心者はステインを別途下塗りした後に透明ニスを上塗りする方が失敗が少ないでしょう。

 

ワックス

蜜ロウワックスや米ヌカワックスなどの自然系ワックスを塗って仕上げる方法です。ワックスだけで仕上げることもできますが、ステイン塗装後にワックスで仕上げる方法もあります。

最近人気のブライワックスなどは、着色とワックス仕上げを同時にできる人気商品です。
ウエスやスチールウールで擦り込むように塗っていくのがコツです。

 

2×4材は木目を活かすと素敵になる!?

木目を活かせるのがステイン塗料

木材の木目を活かした仕上がりにしたいならステイン塗装が最適です。ニスやワックスのみで仕上げる方法もありますが、ステインならナチュラル感が感じられる淡彩色から重厚感が感じられる濃彩色まで好みに応じて選べます。

さらに最近の水性ステインは、オーソドックスな茶系の色はもちろん鮮やかな色まで多彩な色が増えてきました。

着色することで木目を強調できる

SPF材は比較的柔らかい木材で、塗料も浸透しやすく着色もしっかりできます。
木材は、木目の柔らかい部分には塗料が良く染み込み、固い部分には染み込みづらいという特徴から塗料の浸透具合でより木目が強調されやすくなります。

 

あまり着色せずに木材の色味をそのまま活かしたい場合はニスやワックスのみで仕上げる方法がよいでしょう。

 

安価な木材が高級木材に

2×4材(SPF材)は安くて加工もしやすい手軽な木材のためDIYで大人気ですが、塗装せずにそのまま使用すると安っぽさ感が出てしまいます。

しかし、ステインで着色すれば木目が強調され高級感が出ます。上塗りにワックスやニスを塗ると更に光沢感が増して木目がきれいに見えます。特に濃い色のステインなら重厚感が出て高級木材のような風合いに仕上げることができます。

 

ダメージ加工や汚し加工などを施すことで、アンティーク風の家具なども2×4材で作ることが可能となります。

DIY初心者にステイン塗装がおススメな3つの理由

おススメ理由1:失敗しにくい

ステイン塗装は、塗膜ペンキよりも塗り易く、塗装後に余分な塗料を拭き取ることで塗りムラを抑えることができます。

おススメ理由2:塗りやすい

ステイン塗料は、刷毛のほかコテやウエスで塗ったりもできます。拭き取ることを前提としていますので、塗料の量も気にせず塗ることができます。

おススメ理由3:メンテナンスが簡単

塗膜型ペンキは、状態により剥がさないと塗り直すことができない場合がありますが、ステイン塗料なら旧塗膜を気にせずに塗り重ねることができます。

2×4材に最適なステインの種類

水性と油性ならどちらが良いか

どちらでも問題ないのですが、溶剤の臭いが気になるなら水性ステインがおススメです。臭いを気にしないなら油分による光沢感が水性ステインより多少ある油性ステインがおススメです。木材との相性(親和性)も油性ステインの方が良さそうです。


染料系の多い水性ステインは、油性ステインよりも塗装後に毛羽立ちやすいので塗装後もペーパー掛けは必須です。顔料系が多い油性ステインの場合はそれほど気にしなくても大丈夫です。

クリアと着色はどちらが良いか

好みにより選んでよいでしょう。但し、2×4材は、安価な材ですので濃い色の着色ステインの方が高級木材のような色合いを表現できますので、SPFの2×4材なら着色タイプがおススメです。ナチュラル感を演出したいならクリア(透明)タイプもおススメです。

普通のステインは上塗りが必要か

通常のステイン(特に水性ステイン)は、保護機能がありませんので、そのままでは色落ちしてしまいます。よって色落ち防止と保護を兼ねた上塗り塗装が必要となります。上塗りは、ニスやワックスで保護する方法が一般的です。


一部の水性ステインや油性ステインなど油分(樹脂)が多く含まれているタイプは上塗りしなくても十分な耐候性・耐久性を持った商品もあります。

バトンは上塗りなしでも耐候性があります。

屋外でも使用できるか

通常のステインは保護機能を有していないため、紫外線や風雨に晒される屋外での使用はできません。但し、油分(樹脂)の多い木部保護機能を有したステインや、WPステインと呼ばれている防虫・防腐・防カビ機能を有している木材保護塗料なら屋外のウッドデッキやラティスなどの屋外木製品に塗装することができます。
2×4材(SPF材)は、屋内で使用する分にはまったく問題ありませんが、耐水性がありませんので屋外での使用時は、必ず防虫・防腐・防カビ機能を有したWPステインや木部保護機能のあるステインを塗るようにしましょう。

2×4材に最適なステイン塗料

100均の雑貨におススメなステイン

バトンFX 100ml・300ml
バトンFXは、食品衛生法等の規格基準に適合した、防虫防腐剤などの薬剤を一切含まない安全性の高い油性の自然系オイルステイン(油性ステイン)。塗りムラ・色ムラもなく、とても塗り易い塗料で、全30色という豊富なカラーが揃っているので、好みに応じて好きな色を選ぶことができます。100mlサイズは雑貨や小物の塗装に最適です。300mlサイズなら家具や建具の塗装にも十分ご利用いただけます。

家具やカウンターにおススメなステイン

ワトコオイル
ワトコオイルは、亜麻仁油を主成分とした植物油をベースとしたオイルフィニッシュです。樹の内部に浸透することにより、樹の呼吸を止めず、湿度を保ち、樹の深い味わいと温もりを醸し出します。着色力は弱いため淡彩色によるナチュラル仕上げに向いています。

ルビオモノコート
ルビオモノコートは、木材表面のセルロース繊維にミクロレベルで入り込み、一度の塗布で木材の着色と保護が可能な自然系オイルです。耐薬品性、耐汚染性、耐摩耗性にも優れているため商業施設などでも多く使用されています。

住宅内外部の木質部材におススメなステイン

ワシンエコステイン
ワシンエコステインは、刷毛ムラや吸い込みムラの少ない顔料系着色剤です。原料に天然の植物油を使用しており、お子様が利用する施設・住宅にも安心です。優れた耐候性を誇る特殊微粒子顔料は鮮明な発色が得られ、染料系のオイルステインのような変色・退色もほとんどありません。木部のインテリアにもエクステリアにも使用できるオールマイティーな着色剤です。

ウッドデッキや屋外木製品におススメなステイン

ノンロット205N
ノンロット205Nは、油性タイプですが臭いも少なく、乾くと木の香りが戻ってきます。 防虫・防腐・撥水効果も高く、ウッドデッキやログハウスには最適です。 プロの塗装業者も使用している人気商品です。

こちらでご紹介した商品は、下記の関連ショップで取り扱っております。

パジョリス.ドットコム